トップページ > インフォメーション

[『鏡開き』

一般的に、1月11日は、正月に飾った鏡餅を食べる「鏡開き」をすることが多いようです。
 松の内が過ぎたら、鏡餅を下げて食べ、年神様をお送りします。
年神様の依り代である鏡餅には年神様が宿っているとされるため、鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の無病息災を願います。
つまり、鏡餅は供えて、開いて、食べてこそ意味があるのです。

今年は戊戌(つちのえ・いぬ)、ワンダフルな年にしたいと思います。 
どうぞよろしくお願い申し上げます。